2013-10-04-18-46-36_deco 2013-10-04-18-47-14_deco

ちょっと報告が遅くなってしまいましたが、10月4日、投資の日にレオス・キャピタル・ワークスの藤野英人氏に講師をしていただき勉強会を実施しました。
テーマは
1. 「儲かる会社、つぶれる会社の法則-上場企業に成長する会社の共通点-」
2. ~アベノミクスによるマーケット展望~
の2つ。

モリタは藤野さんのお話を何度も聞いているのですが、いつもながらの軽快なテンポで笑いをちりばめたトークに終始笑いっぱなし。いえ、別にお笑いネタではなくマジメな話なんですが、要するにお話が上手なんですよね。疲れを全く感じさせない2時間半でした。

すこーしだけ内容に触れておくと、2002年12月に上場していた企業のうち10年間で株価が上昇していた企業は実に70%もあったそうですが、その中で誰もが知っているような大型株に位置する大企業はたったの4%しかなかったとのこと。この10年間、相場は確かに良い時もあったけど、トータルで考えると決して日本株はヨカッタよね・・・とは思えない環境でしたが、着実に利益を出して成長していっている企業はたくさんあったのですね。
成長する企業とダメな企業の見分け方では、実際に企業に伺うことはできない私達では判断できない部分もありますが、企業のホームページから読み取ることができるものもあるよ・・・ということで、データとともに解説していただきました。なるほど~って感じ。

また、今後の政府の成長戦略と現在の日米の経済状況についても、わかりやすい例を挙げながら説明していただいたのですが、この部分、ホントはもっと時間を割いて説明してほしかったな~。
FPでも金融や経済について苦手な方は結構多いですからね、復習してしっかり新聞などから情報を取って解釈できるようにならなければ・・・と思いました。

あらゆるデータと自分の足と目で得た情報を照合し、有望と判断できる銘柄を選定していくひふみ投信の真摯な運用スタイル。これからも応援しています。