あー、またやってしもうた。忙しさにかまけて勉強会の情報をアップせずに11月26日の勉強会が終了してしまいました 😥
海より深く反省…

で、反省の意味も込めて、勉強会の報告をします。
今回の勉強会は住宅金融支援機構さんから二人の講師をお招きして、住宅ローンの動向(金利とか融資の種類とか)とフラット35の最新情報を解説していただきました。

2014-11-26-18-36-08_photo
色々なデータをいただき、感謝感謝。
統計データを見ると、昔に比べて変動金利を選択している人が少なくなっているようだったので(50%超えてたと記憶してるけど、それが40%弱になってた)、モリタは単純に「へ~、そうなんやー。なんで?こんだけ金利低いんだから、変動増えるんじゃ?」と思ったもんで、「なんで?」って質問したら、「ここまで固定の金利も下がってるので」だと。そりゃ、そうだ。バカだね、モリタ。

とはいえ、福岡は首都圏などと同様、変動を選択される方が圧倒的に多いとの追加コメントも。個人的にはビビリなんで、固定希望だし、金利が上がり始めたら変動→固定にタイミングよく切り替えできる生活者も多いとは思えないので、やんわり固定をおススメするタイプ。けど、このへんはFPでも考え方違うし、実際にローンを組む人の資金状況にもよりけりだもんね。私でも変動OK→Goサイン出すこともあるけど、ほんとに資金的に余裕がある方のみです。

 

あと、フラット35sの金利優遇が来年から0.6%に拡大する可能性も出てきているので、そうなるとやっぱりフラット35は魅力的だよなーとしみじみ考えました。

むかーし、住宅金融公庫のローンが11年目から4.5%になる時代には、借り換えとか繰り上げ返済の相談をたくさん受けてたなー…とかも思い出したりして。10年以上前にご相談を受けた時に変動と10年固定のミックスプランに借り換えた方がいたけど、10年経過した時点でも結局金利上がってなかった、いやむしろ下がってたぢゃん!という結果でしたね。あの頃はさすがにここまで低金利が長引くなんて考えてなかったな。
今の30歳代の方なんて、住宅ローンの金利が4%以上になるなんて考えられない…と言う人も多いし。
あ、なんか話が昔話に逸れてしまいました、スミマセン。

 

というわけで、年内最後のWAFP九州の勉強会も無事終了いたしました。来年も良い勉強会ができるよう精進してまいります。ホームページにお知らせ載せるのを忘れないようにします。ゴメンナサイ。